他社の本 東茂美『鯨鯢と呼ばれた男 菅原道真』(海鳥社)

東茂美氏(福岡女学院大学教授)よりいただきました。

海鳥社のサイトはこちら
http://kaichosha-f.co.jp/books/history-and-folk/5073.html

鯨鯢と呼ばれた男 菅原道真
東茂美 著
ISBN:978-4-86656-046-5
定価:本体2,300円+税
判型:A5判
発行日:2019年4月10日
発行:有限会社海鳥社


【目次】
はじめに

Ⅰ 鯨鯢と呼ばれた男
  黄色の詔書
  鯨鯢の悲しみ
  狭すぎた宮中という<海>

Ⅱ 内在する縄文と弥生の血
  土と炎
  埴輪の起源、相撲の起源
  道真、文章博士となる
  ばらまかれた怪文書

Ⅲ 実利と合理性
  国史を編む
  山陰亭と菅家廊下
  阿衡の紛議の顚末
  道真の意見

Ⅳ 讃岐守の時代
  中央を離れる
  三月尽の詩
  讃岐での暮らし
  友はひとりだけ
  灰の心

Ⅴ 等身大のヒューマニズム
  貧しさをうたう
  職人尽くし
  したたかに生きる

Ⅵ とまらぬ栄進、その果てに
  異常な官僚人事
  寛平御遺誡、時平の場合
  寛平御遺誡、道真の場合
  栄進の果て

Ⅶ 遣唐使の廃止
  東アジアを視野に
  海彼を見るまなざし
  古人・清公・善王
  遣唐大使の道真

Ⅷ 歴史の皮肉
  白紙にもどす
  承和元年の遣唐使
  真備と道真
  真備の帰国、そして左遷
  渡唐する道真

Ⅸ 謫居の人
  追放の宣旨
  配所に暮らす
  家書、来る
  唐を夢む

Ⅹ 子らの声
  リストラされた父
  はしゃぐ子どもたち
  阿満を悼む
  死児哀傷

Ⅺ 梅の回廊
  梅をうたう
  あの梅この梅
  讃岐国にて
  処女作
  絶筆、そして死

Ⅻ 増殖する畏怖 天神誕生まで
  永劫のアウトサイダー
  破壊の神
  忠臣道真
  宇宙の気を糧として

〔附論〕鯨鯢の出自
  なぜ「鯨鯢」なのか
  白楽天の「自詠」が語るのは
  白楽天の「海図の屛風に題す」
  蘓武と李陵と道真と
  蘓武と燕丹の故事は「虚」

菅原道真年譜
参考文献一覧
あとがき