風土記研究会編『風土記研究』第41号

2019年3月15日発行
風土記研究 第41号
風土記研究会 編
定価:本体4,000円+税
A5判・並製・116頁
ISBN:978-4-909832-91-7

各種オンライン書店での購入

風土記研究会が編集する研究誌第41号。

●学会誌として、従来、会員以外は入手困難だったものが、通常の書籍同様、書店にてご注文いただけるようになりました。年一回発行。第40号以前のバックナンバーをご希望の場合は、事務局あてにお問い合わせください。なお、定期購入をご希望の場合は入会されると通常購入より割安です(年会費3000円。会員には発行ごとにお届けいたします)。
【事務局】 *2019年3月現在
本会に入会を希望される方は、下の要領で事務局にお申し込みください。
1. 氏名・所属・住所・電話番号、入会の旨を明記して以下のアドレスにメールを送信いただくか、あるいは事務局宛に郵送してください。
 〒880-0929 宮崎市まなび野3-5-1
 宮崎県立看護大学 大館真晴研究室内 風土記研究会
 電話0985-59-7700
 メール odate ☆ mpu.ac.jp  ☆=@に
2. 折り返し、事務局から郵便振替用紙を郵送いたしますので、年会費を納入してください。
 年会費 3,000円 会費振込先:郵便振替 01790-3-143187
 風土記研究会
 銀行 みずほ銀行伊勢支店 普通 1678297
 風土記研究会(ふどきけんきゅうかい)


【目次】

【特集】平成三十年度 風土記研究会シンポジウム「風土記を書写した人々」
水戸学と古風土記の書写●橋本雅之
今井似閑 『萬葉緯』―風土記研究史上の意義―●兼岡理恵
万葉緯本『出雲国風土記』の系譜とその成立―書写の史的背景と写本系統から―●髙橋周
―――――
肥前国風土記「土歯池」の所在地に関する若干の考察●勝俣隆
『出雲国風土記』の漢語表現―『文選』の受容をめぐって―●奥田俊博
筑波と福慈●衛藤恵理香
―――――
風土記関係書新刊・報告・予告