懐風藻全注釈 
新訂増補版 
辰巳正明 著

2021年9月下旬発売予定
定価 14,300円(10%税込)
A5判・上製・口絵4頁+608頁
ISBN:978-4-909832-43-6

ためし読み(準備中)
各種オンライン書店での購入

 

内容紹介著者紹介目次

日本最初の漢詩集

中国周辺諸国のなかで現存最古の漢詩集の一つ、懐風藻。
漢字文化圏の重要な国際文学研究資料として存在感を増している。
多くの中国文献による出典を明らかにし、懐風藻読解の基盤となった名著(笠間書院刊、2012年)を全面的に見直した決定版!

注釈がより詳細に。50頁の大増補!

「個々の詩を味読すれば、平安朝漢詩に劣らない、当時の詩人・文人たちの息吹が感じられる。新たな文学表現へと向かう詩人たちの、国際性を目指した自負があったのであろう。ここでは前著の誤りを正し、説明の不足を補い、また漢籍・仏典の事例を多く取り上げて理解を深める助けとした。」——「新訂増補版 跋」より

辰巳 正明(たつみ・まさあき)
1945年1月30日 北海道生まれ
1973年3月31日 成城大学大学院博士課程満期退学
現職 國學院大學名誉教授・同客員教授
学位 博士(文学・成城大学)
2018年度日本学賞(一般社団法人日本学基金)受賞

著書
『万葉集と中国文学』『万葉集と中国文学 第二』『詩の起原 東アジア文化圏の恋愛詩』『万葉集に会いたい。』『短歌学入門 万葉集から始まる〈短歌革新〉の歴史』『詩霊論 人はなぜ詩に感動するのか』『折口信夫 東アジア文化と日本学の成立』『山上憶良』『万葉集の歴史 日本人が歌によって築いた原初のヒストリー』『懐風藻全注釈』『王梵志詩集注釈』(以上、笠間書院)
『長屋王とその時代』『歌垣 恋歌の奇祭をたずねて』『懐風藻 古代日本の漢詩を読む』『大伴旅人 「令和」を開いた万葉集の歌人』『「令和」から読む万葉集』(以上、新典社)
『万葉集と比較詩学』(おうふう)
『悲劇の宰相長屋王 古代の文学サロンと政治』(講談社)
『万叶集与中国文学』(武漢出版社)

編著
『万葉集歌人集成』(講談社)
『悲劇の宰相 長屋王邸を掘る』(山川出版社)
『懐風藻 漢字文化圏の中の古代漢詩』『懐風藻 日本的自然観はどのように成立したか』(以上、笠間書院)
『郷歌 注解と研究』『古事記歌謡注釈 歌謡の理論から読み解く古代歌謡の全貌』(以上、新典社)

懐風藻目次
懐風藻解題

懐風藻全注釈

凡例
懐風藻序
懐風藻目録
懐風藻
奥書

解説

新訂増補版 跋
懐風藻漢詩索引