安藤野雁追跡 
幕末万葉集研究者の生と死 
遠藤宏 著

2022年4月30日発行
定価 15,950円(10%税込)
A5判・上製・508頁
ISBN:978-4-909832-56-6

ためし読み 各種オンライン書店での購入

 

内容紹介著者紹介目次

野雁をご存知だろうか?

安藤野雁を追跡すること50年。遂に待望の「野雁の生涯と全業績」が明かされる。
口伝による奇行が語られているが、本書は、文字資料に基づいた確かな野雁の生涯を辿る。
地べたを這い廻りながらも畢生の研究『万葉集新考』上梓の夢を追っていた〈野の雁〉。
刊行直前まで進んでいたが、上梓に至らず53歳で無冠の生涯を閉じた野雁。
新資料「歌集『旅路の草の葉』『野雁集』(常葉本)」(翻刻)。「著作一覧」「略年譜」附載。

「……野雁は其性不羈質直、常に破れたる衣をまとひ縄を帯にし、雨中草履をうがち、雨にぬれつゝ、ゆくやうの人にて、平素酒を嗜む事甚しく、逸事奇話少なからず。其畢生の事業は万葉集新考の著作にして、旅中も常に筆を放たざりしと云。」(佐佐木信綱『野雁集』「解題」より)

遠藤 宏(えんどう ひろし)

1936年 東京都に生れる
1961年 東京大学文学部国文学科卒業
1967年 東京大学大学院博士課程満期退学
 立正大学経営学部専任講師、助教授を経て、
1972年 東京女子大学短期大学部助教授
1975年 成蹊大学文学部助教授
 教授を経て、
現在 成蹊大学名誉教授

主な著書
『古代和歌の基層』(笠間書院)
『日本古典文学大事典』(明治書院・共編)
コレクション日本歌人選『笠女郎』(笠間書院)

はじめに──凡例にかえて
序章

第一部 野雁追跡

第一章 桑折─歌との出合い─(誕生~二十三歳)
第二章 転任─失意への転換─(二十三歳~二十七歳)
第三章 放浪─江戸・岩淵・中津川─(二十八歳~四十八歳頃)
第四章 熊谷─『万葉集新考』の上梓計画と死─(四十九歳~五十三歳)
第五章 追補の章
 第一節 中津川─間家滞留─
 第二節 『佐野定経(角田桜岳)日記』(その1)─富士宮、嘉永二年─
 第三節 『佐野定経(角田桜岳)日記』(その2)─江戸、嘉永七年─
 第四節 『佐野定経(角田桜岳)日記』(その3)─江戸、嘉永七年(続)─
 第五節 『佐野定経(角田桜岳)日記』 (その4)─江戸・総州成田、安政二年他─
 第六節 『佐野定経(角田桜岳)日記』(その5)─江戸、野雁周辺の人々─
 第七節 『安藤政昭日記』(その1)─郷里・江戸の野雁─
 第八節 『安藤政昭日記』(その2)─郷里・江戸の野雁(続)─
 第九節 熊谷─『立庵日録』と「門人録」─

第二部 歌集『旅路の草の葉』『野雁集』(常葉本)翻刻

一 安藤野雁『旅路の草の葉』
二 安藤野雁『野雁集』(常葉本)

第三部 野雁断想

一 野雁詠断想
二 安藤野雁発掘遍歴略記─裏話風に─ 

附録

一 安藤野雁著作一覧
二 安藤野雁略年譜
三 索引(人名)

あとがき