先代旧事本紀論 史書・神道書の成立と受容
工藤浩編

2019年8月31日発行
先代旧事本紀論 史書・神道書の成立と受容
工藤浩 編
上代文学会 監修
定価:本体8,000円+税
A5判・上製・308頁
ISBN:978-4-909832-09-2

各種オンライン書店での購入
書店様向け注文書
試し読み

偽書には偽書の価値がある。
九世紀初頭に編纂された歴史書・神道書でありながら、不審箇所が多く、近世以降は偽書として低く見られたきた『先代旧事本紀(せんだいくじほんぎ)』。
記・紀神話享受史の研究において近年脚光を浴びる書をここに再評価。
日本文学・日本史学・神道学・日本語学の四領域から迫る!

『先代旧事本紀』研究のための基本文献リスト収載。


【目次】
はじめに◆工藤浩

Ⅰ 構想と神話・伝説・系譜
1 神から人への「系統史」―『先代旧事本紀』の構想と構成―◆松本直樹
 はじめに/「神代史」各巻の内容/「神代史」各巻の構想/「神代史」の構造

2 『先代旧事本紀』における出雲系神格の位置―「天璽瑞宝十種」の造形に関する一試案―◆小村宏史
 瑞宝十種と鎮魂祭、およびウマシマヂ/「蛇比礼」「蜂比礼」「品物比礼」―オホナムチとオホモノヌシ/「生玉」「足玉」「道反玉」「死反玉」―ヌナカハヒメとタケミナカタ/「瀛津鏡」「辺津鏡」―宗像・賀茂の神/「八握剣」について/おわりに

3 地祇本紀のオホナムチ―系譜の分析を中心に―◆伊藤剣
 はじめに/大年神流の神統譜/『先代旧事本紀』のオホナムチ㈠―オホナムチの亦名/ 『先代旧事本紀』のオホナムチ㈡―大三輪神との一体化/『先代旧事本紀』のオホナムチ㈢―系譜条にみる倭の神としての性格/杵築大社の祭神/オホナムチを倭の神にした意図/おわりに

4 「天孫本紀」所載系譜をめぐって◆工藤浩
 アメノカゴヤマ系譜/ウマシマヂ系譜/ニギハヤヒ系譜への統合/「天孫本紀」所載系譜の受容/おわりに

5 「国造本紀」研究の現状と課題◆鈴木正信
 はじめに/江戸時代の研究/幕末から戦前までの研究/戦後の研究/今後の展望/おわりに

コラム 可美真手命とその銅像―明治天皇が求めた臣下の理想像◆小林真美
コラム 『先代旧事本紀』が拓くヤマトタケルの子・武田王の伝説◆小林真美
コラム 記述の小異と皇位継承へのまなざし◆星愛美

Ⅱ 神道思想と享受
6 『先代旧事本紀』と祭祀―『釈日本紀』にみる呪力の受容―◆渡邉卓
 はじめに/『釈日本紀』「開題」引用の『先代旧事本紀』/『釈日本紀』「述義」引用の『先代旧事本紀』/祭祀文献としての認識/呪力の移動/おわりに

7 山崎闇斎と『先代旧事本紀』―基礎的考察―◆西岡和彦
 はじめに/闇斎の神書評価と『先代旧事本紀』の位置/闇斎が用いた『先代旧事本紀』の底本とその校訂/神書『先代旧事本紀』と注釈書『旧事大成経』/おわりに

8 学問・注釈の世界における『先代旧事本紀』◆福田武史
 はじめに/『令集解』引用文存疑/『先代旧事本紀』による『日本書紀』注釈―『釈日本紀』/おわりに

コラム アーネスト・サトウが手にした『先代旧事本紀』◆小林真美

Ⅲ 写本と表記
9 『先代旧事本紀』の諸本研究をめぐる現状と課題◆松本弘毅
 はじめに/諸本一覧とこれまでの研究/想定諸写本系統図/各写本について(一) ⑨石川忠総本・⑩卜部一本/各写本について(二)卜部兼右本/各写本について(三)卜部兼右本系諸本/各写本について(四)その他の兼永本の転写本/未検討写本/行方不明写本/おわりに―旧事本紀の写本系統を追究する意味

10 『先代旧事本紀』における熟字と単漢字―「誕生」と「生」をめぐって―◆奥田俊博
 問題の所在/『先代旧事本紀』の「誕生」の用法と『日本書紀』の対応記事/漢語「誕生」の用法と『先代旧事本紀』/『先代旧事本紀』における「誕生」と「生」

コラム 今後の研究課題について◆工藤浩

『先代旧事本紀』研究のための基本文献リスト

あとがき◆工藤浩


【執筆者紹介】
工藤浩(くどう・ひろし)
 1957年生まれ・日本工業大学教授・『新撰龜相紀の基礎的研究』『氏族伝承と律令祭儀の研究』

松本直樹(まつもと・なおき)
 1963年生まれ・早稲田大学教授・『古事記神話論』『出雲国風土記注釈』『神話で読みとく古代日本』

小村宏史(おむら・ひろし)
 1971年生まれ・沼津工業高等専門学校准教授・『古代神話の研究』「垂仁記霊果将来説話の意義 ―「常世国」よりもたらされたもの―」「神話と現実 ―神話テキストへの接近― 」

伊藤 剣(いとう・けん)
 1979年生まれ・明治大学准教授・『日本上代の神話研究』「『出雲国風土記』の『日本書紀』受容態度」「「現伝『出雲国風土記』の成立をめぐって」

鈴木正信(すずき・まさのぶ)
 1977年生まれ・文部科学省教科書調査官・『日本古代氏族系譜の基礎的研究』『大神氏の研究』『日本古代の氏族と系譜伝承』

渡邉 卓(わたなべ・たかし)
 1979年生まれ・國學院大學准教授・『『日本書紀』受容史研究』「『釈日本紀』にみる『古事記』の価値」「武田祐吉の学問態度と〈万葉精神〉」

西岡和彦(にしおか・かずひこ)
 1963年生まれ・國學院大學教授・『近世出雲大社の基礎的研究』『神道の格言―「かぎろい」抄(五)―』『建国の使命―「大祓詞」の神学―』

福田武史(ふくだ・たけし)
 1975年生まれ・武蔵大学准教授・「『日本書紀』の訓読をめぐって」「李嶠百詠詩題注における和名抄の利用」

松本弘毅(まつもと・ひろき)
 1978年生まれ・早稲田大学非常勤講師・『古事記と歴史叙述』「『先代旧事本紀』兼永本と兼右本の関係」

奥田俊博(おくだ・としひろ)
 1965年生まれ・九州女子大学教授・『古代日本における文字表現の展開』「『万葉集』における反復表現の表記―変字法とその周辺―」

小林真美(こばやし・まさみ)
 1976年生まれ・東京理科大学専任講師・『『古事記』諸本における受容と展開の研究』「折口信夫と山中共古―接点と影響を中心に―」

星 愛美(ほし・まなみ)
 1989年生まれ・奈良女子大学大学院生・「『先代旧事本紀』の史書性―系譜をめぐって」「『先代旧事本紀』における即位称元」