よみがえる与謝野晶子の源氏物語 
神野藤昭夫 著

2022年7月20日初版第1刷発行
2022年9月20日初版第2刷発行
定価 4,180円(10%税込)
A5判・並製・口絵8頁+482頁
ISBN:978-4-909832-58-0

ためし読み 各種オンライン書店での購入

 

内容紹介著者紹介目次書評・紹介

〈近代初の現代語訳〉誕生の裏側

『新訳源氏物語』と『新新訳源氏物語』——晶子の生涯を貫いた「源氏」に賭ける情熱の軌跡!
翻訳はどのようにして完成したのか。
新資料の数々をもとに訳業の具体像を明らかにする。

没後80年記念出版

「……晶子の教養の中核となったものはなにか。それは、幼いころからつちかわれた古典力である。それは、たんなる知識の集積ではなく、古典世界の経験をみずからを支える今日的見識へと汲み上げ、変換する力であって、それこそが、与謝野晶子を大〈文〉学者へと育てる活動の源になったといえよう。晶子の生涯にわたる古典翻訳、なかでも『源氏物語』の訳業は、その象徴的顕現である。本書は、それが、どのようなもので、どのようにしてなしとげられたか、これを明らかにしようとするものである。」——「はじめに」より

神野藤 昭夫(かんのとう・あきお)
1943年 東京都文京区生まれ
都立小石川高等学校
早稲田大学第一文学部
早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了 博士(文学)

跡見学園女子大学名誉教授 北京日本学研究センター、国文学研究資料館、放送大学の客員教授、早稲田大学、お茶の水女子大学、京都大学・聖心女子大学・駒澤大学・青山学院大学・日本大学・山東大学(中国)の各兼任講師を歴任。またNHKラジオ第二放送(古典講読)、NHK教育テレビ(古典への講師)などの講師をつとめた。

著書に『散逸した物語世界と物語史』(若草書房 第21回角川源義賞)、『知られざる王朝物語』の発見─物語山脈を眺望する』(笠間書院)、『中世王朝物語を学ぶ人のために』(世界思想社 共編著)、『新編伊勢物語』(おうふう 共編著)、『越境する雅楽文化』(書肆フローラ 共編著)、『中世王朝物語全集 八重葎・別本八重葎』(笠間書院)ほかがある。また『竹取物語』『伊勢物語』『更級日記』『堤中納言物語』『今昔物語集』の各講義CD(NHKサービスセンター・ソニーミュージックハウス)がある。

はじめに

序章 晶子の『源氏物語』翻訳をめぐる旅の始まり

1 荻窪の旧居跡に立って
2 新たな翻訳文学として登場した『新訳源氏物語』

第一章 幻の『源氏物語講義』の復原

1 幻の晶子の「源氏の本」
2 小林天眠と天佑社構想
3 寛の天眠への助言とみずからの感懐
4 天眠の晶子への原稿依頼
5 幻の『源氏物語講義』依頼の内実
6『源氏物語講義』はいかに書き進められたか
7 天佑社の旗あげに間に合わなかった原稿
8 天佑社の営業方針との軋轢
9 経済恐慌と天佑社の閉鎖
10 幻となった『源氏物語講義』
11『源氏物語講義』の原稿一枚が残った事情
12 幻の『源氏物語講義』の原稿一枚
13 幻の『源氏物語講義』の解読とその価値
14『新訳源氏物語』と『新新訳源氏物語』の「薄雲」巻の一節
15 幻の『源氏物語講義』の記録後記

第二章 晶子の〈源氏力〉をつちかったもの

1 テキストが読者を育てること
2a『源氏物語』体験 円地文子の場合
2b『源氏物語』体験 樋口一葉の場合
3 晶子の『源氏物語』体験
〔コラム〕兄鳳秀太郎のこと
4『源氏物語』耽溺が生んだ晶子の歌
5 晶子を鍛えた『源氏』体験の場
6『伊勢物語』輪読
7『源氏物語』会読
8『源氏』を講ずるひとに─閨秀文学会のこと
9 晶子の講義風景をさぐる─「手の上の氷」のこと
10 寛と晶子の苦境─『明星』の終焉へ
11 窮状の資となる『源氏物語』講義 与謝野氏毎週講演のこと
12 晶子が親しんだテキストはなにか
〔コラム〕『(絵入)源氏物語』大本・横本・小本のこと
13 鞍馬寺所蔵の晶子旧蔵『源氏物語』(絵入源氏物語)の現態
〔コラム〕果報は寝て待て─鞍馬寺蔵『絵入源氏物語』(与謝野晶子旧截)現態由来
 果報の訪れ/冬柏亭炎上の危機/晶子旧蔵『絵入源氏物語』のこと/晶子の源氏体験の原点の書である可能性/余聞

第三章 読者の心を鷲摑みにした『新訳源氏物語』とパリ体験

1『新訳源氏物語』の出現と普及
〔コラム〕『新訳源氏物語』二つの系列で異なる本文
2『新訳源氏物語』はこうして始まった
〔コラム〕内田魯庵の進言と〈翻訳〉の意味するもの
3『新訳源氏物語』はどう書き進められたか
〔コラム〕百首屏風のこと
4『新訳源氏物語』の執筆の推移
5『新訳源氏物語』中巻と晶子の渡欧
〔コラム〕古尾谷鐵太郎のこと
6『新訳源氏物語』下巻の刊行
7『新訳源氏物語』の縮訳量の量的な検討
8『新訳』の量的拡大の謎
〔コラム〕多忙であった日々
9 梗概書の系譜と『新訳源氏物語』の位相
10 晶子は『源氏物語』の和歌をどう歌いかえたか
11 晶子の渡欧と『新訳源氏物語』
12a 寛と晶子のパリ滞在の拠点
12b モンマルトルの宿の人びと
12c「巴里に於ける第一印象」と晶子の欧州体験
13 ロダンとの邂逅そして再び『新訳源氏物語』へ

第四章 畢生の訳業『新新訳源氏物語』はどのように生まれ流布したか

1『新新訳源氏物語』完成祝賀会の日
2 池田亀鑑、晶子に会う。その翌日晶子倒れる
3『新新訳源氏物語』は、いつどのような事情から書き始められたか
〔コラム〕底流する内的動機の存在
4『新新訳源氏物語』の危機
5 非凡閣版『現代語訳源氏物語 中』の事情
〔コラム〕非凡閣『現代語訳国文学全集』の出版企画
6 縮訳だった晶子の非凡閣版『現代語訳源氏物語 中』
7『現代語訳源氏物語 中』はどう評価できるか
8 金尾種次郎との再会と『新新訳源氏物語』の再開
9『新新訳源氏物語』の刊行
10『新新訳源氏物語』の完成の日まで
11 晶子の『新新訳源氏物語』自筆原稿の存在
〔コラム〕晶子自筆原稿『新新訳源氏物語』デジタルデータへのアクセス方法
12 晶子自筆「玉鬘」の一枚を解読する
13 晶子自筆「花散里」の一枚を解読する
14『新新訳源氏物語』の和歌の秘密
15「玉鬘」巻の和歌省筆と依拠テキストとの関係
16 晶子が朗読した「桐壺」巻冒頭のレコードとそのテキストの問題
17『新新訳源氏物語』の和歌本文の問題
18『新新訳源氏物語』は河内本を利用したか
〔コラム〕河内本と河内本待望熱のこと
19 謎の書き加えられていた『全訳源氏物語』「柏木」巻巻末
20『新新訳源氏物語』の流布と本文
21 晶子の『新新訳源氏物語』の個性と魅力はどのようなものか
  ─空穂・潤一郎・ウェイリー・晶子

終章 旅の終わりに

年表
図版一覧
本書関連著作一覧
索引

『日本古書通信』2022年9月号で紹介されました。

「与謝野晶子の生涯にわたる古典翻訳、なかでも『源氏物語』の訳業は、その象徴的顕現である。本書は、それがどのようなもので、どのようになしとげられたか、これを明らかにする。」


朝日新聞読書面に掲載されました(2022年9月3日付)。
【評者 澤田瞳子氏】

「著者の資料分析や考証を読者が共に追いかける記述は、学術書という定義を越え、上質な推理小説を読むに似た興奮を与える。」


日本経済新聞読書面「あとがきのあと」(インタビュー記事)に掲載されました(2022年9月3日付)。

「3度の現代語訳の謎に迫る」


毎日新聞書評欄「今週の本棚」に掲載されました(2022年8月27日付)。
【評者 持田叙子氏】

「読んで書いて稼ぐ晶子のタフネスを追う」


『うた新聞』8月号で紹介されました。
【内藤明氏「短歌想望」】

「晶子の生涯を貫く『源氏物語』との関わりと、『源氏物語』千年の受容の歴史を交差させた労作であり、緻密な論文であるとともに興味深い読み物となっている。」